お知らせ
    赤と黒のカプセル

    降圧剤は主には5つの種類に分類することができます。
    まずはカルシウム拮抗薬です。
    これは血管を収縮させる作用がある物質の通り道を阻害することで、血管の収縮を防ぐ作用があります。
    ノルバスクは降圧剤として有名ですが、このノルバスクもカルシウム拮抗薬に分類されます。

    それからARBです。
    これはアンジオテンシンIIと呼ばれる、血管収縮作用がある物質が受容体に結合するのを防ぐ作用を持った薬です。
    またこのアンジオテンシンIIを作り出す酵素の作用を抑制することで、血圧の安定をはかる薬もあります。
    これがACE阻害薬と呼ばれる降圧剤です。
    そして利尿剤です。
    体内の余分な水分を体外に排出することで、血圧を下げるような作用を持った薬です。
    代表的な薬のラシックスの効能を調べてみるのも良いでしょう。
    また、フロミセドにも強い利尿効果があります。

    最後はβ遮断薬と呼ばれる降圧剤で、心臓の働きを抑制することで血圧を安定される作用を持った薬です。
    心臓が働き過ぎて全身に送る血液量が多くなっていると、それだけ血管に対しての負担も大きくなるので、それを抑制する薬と言うわけです。
    さて、こうした降圧剤の服用に関しては様々な注意が必要ですが、中でも広く知られているのがグレープフルーツとの飲み合わせです。
    降圧剤との同時摂取は避けるのは勿論のこと、降圧剤の摂取の前後には、グレープフルーツやその果汁を利用したジュースなどは摂取しないことが原則とされています。
    これは、グレープフルーツに含まれているフラノクマリンと呼ばれる成分のせいです。
    この成分は、降圧剤に含まれている成分の分解を阻害する作用を持っています。
    その作用を受けて、その成分が体に残り過ぎてしまうことで、薬の効果が強くて過ぎてしまう可能性があるために、グレープフルーツとの相性には気をつける必要があると言うわけです。
    ただしこれは、すべての降圧剤に該当するわけではなく、カルシウム拮抗薬に関してのみ強く言えることです。
    カルシウム拮抗薬の作用が強く出過ぎてしまうと、血管が拡張され過ぎてしまって、顔面紅潮や動悸などが出てくることもあるので、注意が必要です。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    最近の投稿
      アーカイブ
        人気記事一覧